根治を目指す!岡崎パワースポット

愛知県・岡崎市一畑山薬師寺近く・難治性患者様と向き合う日々の日記

アセンションの途中はどんな道?

 

アセンションの為の道は険しいが向こうは天国だ!!
応援してるよ~。(しし神さまより)

祖母は私の高校の時亡くなった。
私は、祖母に育ててもらって、何でも祖母から教わった。

 

 祖母亡くなる少し前、

「あなたの結婚式を見たいけど、そんなに長くは生きれないと語った。」

「それなら、死んでから私の所へ来てよ。」

と、死んでからの世界について教えてもらう事を約束して

数年後に祖母はなく亡くなった。

 

 祖母は私の母親の役割をしていたので、亡くなった時、夜になると何日も、

お布団の中で誰にもばれないように泣いていたのを思い出す。

 

 そんな祖母は、49日を過ぎた後、約束どうり私の夢に現れた。

 「今真っ暗なトンネルの道を前に進んでいる。死ぬことはこわい事じゃない。暗いけど、何も心配ない。大丈夫なんだ。」
というような事を伝えに来た。

 

 その頃の私は、死後の世界がとても怖くて、死ぬという事にとても抵抗感があった。
そんな私の事を知ってか知らずか分からないが、約束を守って死後に旅の途中を語ってくれたのだ。

 

 こんな話を思い出したのは、今ここの地球で、アセンションをしようとしている魂は

祖母のように天国へ行く時のように、暗いネガティブな感情を抱え、

次の世界へ行く準備を整えている。

アセンションの準備は、このトンネルの中を歩きまわっている状態だと感じだ。

 

前が見えない状態。
行先が分からない状態。
自分がどこへ行ってどうなるかの不安。

とても苦しい。
自分はいったい誰だったのか
深いところで、底知れぬ恐怖さえも感じている。

アセンションする事は、死出の旅をするぐらいの勇気のいる感覚なのだ。

 

それは、自分の中の一部の魂を手放す事にもなるからだ。
以前にも言ったが、魂はブドウの房のようになっているから、自分の人格の一部分になっている物を手放す勇気がいるって事。

 

心配いらない。どんな困難な状態も、私達のハートをキラキラにかがやかせていれば、そのトンネルの向こうは、天国なのだ。

 

すなわちこのトンネルには、全てを清算出来る能力と、生まれ変わる事が出来る道なんだ。

 

自分の岩戸を開くのは自分だけ。
カギは自分が持っている。

 

大荒れな人生も、敵役をしてくれた役者(自分に嫌な思いをさせる人)がいて、

自分の一部を見せてくれた気づけばいい。
ただそれだけ。
敵役に、自分に愛を送り、分離の世界から旅立つ事を宣言すれば、

このトンネルは早く抜ける事が出来る。

 

この世界からどれだけ救いあげる事が出来るのか?
最近書いている文章は文章は、神様方が
エネルギーを練り込んで、覚醒へと導びいている。

多くの方が覚醒し、地球と天の川銀河全体に、
愛と平和訪れますように。祈りを込めて。