根治を目指す!岡崎パワースポット

愛知県・岡崎市一畑山薬師寺近く・難治性患者様と向き合う日々の日記

理由のない頭痛の原因(サイキックアタック・緊張性頭痛・偏頭痛・緩消法・かんしょうほう)

  頭痛は、軽いものから、吐き気をもよおすぐらい、重傷のものまで

あります。

 頭痛人口は、偏頭痛が人口の5~10パーセント、緊張性頭痛が20パーセント

あるようです。つまり、4人に一人は、頭痛を体験していると言う事です。

(参考、日本頭痛頭痛学会)

 

 頭痛の原因は、血流さえ良ければ問題なく解決していきますが、

血流を阻害している原因を取り除かなければ、

根治ではなく対処療法になってしまいます。

特に頭痛薬は、体温を下げてしまうので、

何回も飲み続けてしまうのは、身体にも負担がかかります。

 

身体の強張りの原因は、

肩こり、血栓、血圧、筋肉の骨化、血行不良、古傷などと言った

身体的原因がありますが、これらは血流を阻害します。

 

これらの身体的問題を解決する一つに、私は緩消法を施す事があります。

身体ほとんどすべての原因はこれで解決していきます。

ほとんど全てというのは、全てではないと言う事です。

他にも、原因があります。

 

その他にある原因の2つだけを、今日は紹介いたします。

ストレスの問題は皆さんも分かると思いますが、ストレスは内臓に

共鳴するので、内臓にネガティブエネルギーを溜めてしまいます。

内臓にストレスエネルギーが溜まると、内臓が硬くなります。

腹をさわったり、背中を触ったりしても、ストレスの多い方は、

内臓がカチカチになっているのが、わかります。

エネルギーワークにより、原因となるストレスの解除をします。

すると痛みがスッと軽減していくのが、

わかるでしょう。

本当は、身体的な問題も、

身体の気脈、チャクラ、経絡、という見えない所の

調整をすると改善して行くのがみられます。

(個人差があります。)

 

また

外的要因である人からの思念、想念、

無意識的念、エネルギーバンパイヤー、又はサイキックアタックを

受けている事もあります。

これは、医者でも治らないし、なかなか自分で治す事も出来ません。

 

以前の事例で、過去生で自分の失敗を逆恨みした人に、

今生も同じ相手に逆恨みをしているという人がいました。

 

頭痛がして吐き気がするというクライアント様に実際あったお話です。

過去生の記憶を浄化してあげて、愛の周波数を送ってあげて

それで、頭痛が良くなりました。

 

たかが頭痛と思わずに、原因追究して身体を良くしてあげたらいかがでしょうか?

クスリはリスクで~す。

 

 

私は、緩消法マスタープログラム修了者です。

下記は緩消法のホームページにとびます。

【痛み大革命】 坂戸 孝志 公式サイト 腰痛アカデミー (腰痛の原因を治療)