はーとふるユニバース 

ライトランゲージによるリーディング・カウンセリング、個人・法人・家屋・土地のクリエイト・自己変容・自己開示、自己成長、自己の可能性の拡大、自己実現、ステージアップ、アイデンティティの確立、全国家庭教育学会会員、家庭教育カウンセラー、愛知県保健福祉保健センターひきこもりサポーター、緩消法医療従事者、ヤングリビングアロマキネシロジー、ベビーマッサージ講師

息苦しさから奇跡的に解放した理由

昨日、長年のお付き合いのある依頼者様から泣きそうになって電話がありました。

 

その方は、初めて会った時は顔が能面のようになって口がないかと思うぐらいにおしゃべりのしないし、貝のように硬い顔をしておられました。

姿勢はと言うと、年齢もお若いのに、背骨が曲がっていました。

 

当時の事を私はお婆ちゃんみたいだったというと、笑い話になっていました。

ですから今は、当時の事を忘れるぐらいお元気でした。

 

けれどもそんな方が、手足が真っ黒になり、心臓があおり息苦しい、血圧も上がっているというので、身体の声を自分で聞いてみてねとアドバイスをして、一緒に聞いていました。すると、身体の心と、思考の心と、魂の声が全く違っていました。

 

何度かのセッションで綺麗になった魂でも、思考の癖が残っていて、毎日頭の中で、自分の不平不満、不安、小言、ため口、などを言っていました。

 

自分の思いどうりに、相手(旦那様やお子様方)を動かそうとしている傲慢さ、自分をたなにあげ家族への未来に不安、自分の気分の悪さを人の聖にする癖などが災いして自分の身体に跳ね返ってきたのです。

 

宇宙からみたら旦那様もお子様も許されるようなたわいのない出来事を、自分の作り上げた世間体だとか、マイルールだとかに囚われて、人に文句ばかりを言っていた結果が死を覚悟しなければならないほど、自分の生命エネルギーを下げてしまったのです。

 

電話の途中で、彼女ははっとしたと言って自分の事を振り返っていました。

 

そして今朝身体の調子を聞くと、すぐに血圧が正常になり、身体の機能も回復したそうです。本人は天城流湯治法の先生でもあるので、自分の身体には敏感な方です。

 

今回身体の声を聴く事で、自分の思考癖を知る事になりましたので、悪い思考癖はもうしないと言ってくれました。