はーとふるユニバース 

ライトランゲージによるリーディング・カウンセリング、個人・法人・家屋・土地のクリエイト・自己変容・自己開示、自己成長、自己の可能性の拡大、自己実現、ステージアップ、アイデンティティの確立、全国家庭教育学会会員、家庭教育カウンセラー、愛知県保健福祉保健センターひきこもりサポーター、緩消法医療従事者、ヤングリビングアロマキネシロジー、ベビーマッサージ講師

虐待をやめる方法それは、本当の自分になる事です。

虐待された子どもが亡くなったニュースが目に留まりました。

5歳の子どもとは言えない文章力のある、ママへお手紙をみて、この子の魂の凄さを感じました。

 

子どもの多くはお母さんを選んで生まれてくるようです。

お母さんがどんな人か未来どんな風になっていくか知ってて生まれてくるのです。

 

だからこの子はたとえ死んでしまったとしても、母親に教えたかったのだと思います。

 

この事件の意味に大人は答えて、子育てにイライラしてしまう自分がどうしてそのようになるのか自分の事も感じてみて欲しいです。

原因を突き止めて、それを自分から排除していかなければなりません。

 

原因はいくつかあります。

自分も親から同じ事もしくは同等の事をされていた。

パートナーから同じ事、もしくは同等の事をされている。

自分の魂の癖がありそれが原因になっている。

DNAの癖から来ている。

土地の磁場からの影響が大きい。

生まれ星やゆかりの星からの癖や影響がある。

自分100%で生きていない。

(いくつもの魂が自分の中に入り込んでいる。憑依とかウォークインという)

など、、、

 

これらの原因があるのです。

 

ですけど、本当に困るのは、虐待してしまっていて、可愛い子がけなげな手紙をかいても殺してしまうほど、精神状態が悪化していて、自分が抜け殻になっていて、その事を気づけないほどになっていると言う事です。

 

自分が何をやっているのか気づけないほど、自分が抜け殻になると言う事は、自分が解離したくなる現実があった時、そこへ霊的存在が憑依したり、ウォークインしたりして人格丸ごと乗っ取られます。

 

だから自分が虐待して苦しいとか、それが悪い事だと分からない事もあります。

サイコパスと言う言葉に当てはめてもいいぐらいの感覚になってしまいます。

 

私は、私の親も乗っ取られた人で鬼のような性格でした。

それで、私も自殺未遂を何回もしました。

どうやって母をを救い出せるか?

と言う事を子どもの頃から考えていました。

 

今51歳になってやっとそれがどういう事なのかわかるようになりました。

そして、本人次第で虐待をやめる事が出来るようになると言う事がわかりました。

 

ですが、本人次第です。

自分を癒し、自分自身で自分を持ち、自分を許し、自分を愛するようになりたいと思わなければ、そこからは中々抜け出せません。

 

もし自分が子どもにひどい事を言ったり、したり、自分の子どもを可愛いとおもえないのなら、まずは、自分癒しから初めて、自分を大好きになって欲しいです。

 

時間かかかりません。ただ自分を好きに慣れない理由を自分から抜き取るだけです。

親子でワークショップに参加されて親子関係が良くなった方もいます。

子どもの不登校が良くなった。ネグレクトしなくなった。子どもがかわいくなった。

という結果が出ています。

 

ニュース

虐待されても「ママゆるして」に島田キャスター思わず涙 結愛ちゃんは救えた命 - FNN.jpプライムオンライン

 

虐待をやめたいなら

ワークショップに参加ください。

6月24日㈰

愛知県刈谷市 刈谷産業振興センター

詳しくは舌をクリックしてください。

  ↓   ↓   ↓

はーとふるユニバース≪オフィシャルサイト≫

本当の自分になっていきましょう。

こわくないです。私も虐待されて来ましたし、不登校にさせた母親です。

だから皆さんの事が良く分かるようになったのです。

そして、抜け出しましたから教えてあげたいのです。

 

お申込みフォーム

刈谷ワークショップ お申込みフォーム